計4フロアで160坪を有し、伝統的な細長い町屋空間。
多くの古い家屋の改築案件と同様に、樹火は企画において多数の課題に直面しました…



課題一:細長い町屋建築


第一の課題は、伝統的な細長い町屋の形態において、どのように動線の企画とエリアの分割により、合理的に、建物が細長いため入りにくいという人の心理的バリアを取り除くか、ということでした。





課題二:相互式空間の必要性


続いて、博物館準備段階で、我々は多くの専門家の意見を聞き、博物館の命は「開放、相互式の展示手法」であることを十分体得していました。このため、我々は観衆の体験から出発して、製紙関連データの静態展示をアピールし、直接、博物館の全体空間設計に影響を及ぼすことを求めました。



デザイナーの李瑋珉氏は、この状況とニーズを評価した後、以下のような計画を出しました…



建物の外観は周囲の町並みの多くにおいて家屋が密接していることを考慮して、最もシンプルな色彩と材質を採用し、これにより「紙」の一般的な折曲がる様を髣髴とさせました。正面の砂ガラスの壁の1/4のところから垂直の凹を造り、通り抜けの垂直で長い空間を形成しました。透明なガラスで構成され、内外のコミュニケーションの媒体の役割を果たし、建築と外界の一体化と連続の相互作用をもたらしています。



フロア中央には仲介的な通り抜け空間を設置し、内部街道の方式により各空間を貫き、伝統的な内への集まり、封鎖的な建築設計様式を打ち破り、曲がりくねって、高低があり、閉めたり開けたりの効果を生み出し、連続的且つ流動した内部空間を形成しています。

これらの空間設計上の試みが、
一般博物館の厳粛なイメージを改変し、
赤ちゃんのような心で、
自在に探求し、
「紙」の中を往来することを期待します。





1F:ショールーム+紙工房

1Fのショールームでは伝統的、現代的、芸術的、設計的な各種紙製品を購入したり、小型紙工場の伝統的な製紙工程の流れにおいて、紙の故郷・埔里の過去の産業の歴史と風雅を体験することができます。





2F:樹火プラットフォーム特別展示

展示販売方式で、手作り体験、グリーンな紙芸術、紙の創意、紙の工芸、紙の設計により紙の見聞を広めます。





3F:博物館常態展示エリア

当エリアでは生活の中の各種用紙(例、スピーカー紙、油取り紙、鍋用紙、竹炭紙、魚捕獲紙など)を展示しています。最も特別なのは、ここでは科学実験イベントを通じて各種紙の特性を理解できることです!





4F:イベント体験エリア

自らの手で紙を作りたいですか?4Fは才能を大いに発揮できる最良の場所です。様々な色の紙のパルプに、ガイドスタッフが提供する「神秘の調味料」を加えると、参観した紙製造職人の手の中でどのような色に変化するでしょうか?