成立の起源


紙は、我々に多くを教えてくれます。また皆様が草木が朽ち果ててもたらされる紙に含蓄される、代々脈々と受け継がれているものを体得されることを希望いたします。

麦の種は死なず、種は新生を凌駕する:腐敗した樹皮が紙となります。この過程において、我々は中国文明の新しいマイルストーンを見ています。物質は不滅で、精神は死なないという検証、そしてまた樹火記念紙博物館の誕生を目にします。


1990年10月、広州・白雲空港での航空事故により、陳樹火夫婦の身体はこの世からなくなりました。しかし彼らの精神は樹火記念紙博物館設立の一歩となり、1粒の麦の種が死んだ後、それは一つの苗木となり、麦の種の死はただの悲劇には終わっていません。

長春棉紙関係企業は陳樹火氏が創設し、成長しました。数十年にわたり台湾に根ざし、中国文化において育まれてきた紙が現代は発揚されていないことを遺憾に思い、紙博物館の設立は常に陳樹火氏の願いでありました。氏の生前に実現はできなかったものの、開始するのに遅すぎることはありません。財団法人・長春棉紙基金会の5年に及ぶ準備期間を経て、樹火記念紙博物館はついに1995年10月、正式に対外オープンしました。我々は博物館の命は相互活動だと理解しており、このため約160坪・4階建ての当建築物において、活発な展示設計と観衆の参与を導く教育イベントをメインにしております。紙博物館は教育推進いう機能を十分に発揮できることを希望しています。また更に、台湾紙博物文物の系統立った収蔵と統合により、台湾本土の特色を具備する紙博物館となることを期待しております。


1999年、基金会と紙博物館は名称を統一して「財団法人・樹火記念紙文化基金会」となりました。紙博物館の理念をよりモバイル化し、台湾全省の各郷・鎮まで深く接触して推進してまいります。台湾に足を下ろしながら世界に目を向ける、というのが我々の抱負です。しかし我々は一歩一歩確実に少しずつ邁進しなければならず、道はまだまだ長いことを深く知っております。